ギャンブルで作った借金は債務整理できる?

複数の消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れによって多重債務の状況に陥ってしまった場合には、早急に債務整理を行う必要があります。債務整理には『自己破産』や『個人再生』といった法的手続きと、『任意整理』そして『過払い金請求』といった手続きがあります。多重債務に陥った人の中には、ギャンブルに夢中になってしまったことが原因であるケースが多くみられます。パチンコやパチスロ、競馬のようなギャンブルは中毒性が高く、依存症となればついつい生活費にも手を出してしまいます。不足した生活費を補うために消費者金融業者などからの借り入れを始める人は少なくありません。そして、次第に借入金でギャンブルをするという最悪なパターンへと陥ってしまうのです。このようなギャンブルが原因の借金の場合、債務整理は難しいのではないかと思われがちですが、完全に債務整理ができないわけではありません。確かに自己破産の免責が認められないケースもありますが、ギャンブルの程度にもよりますし、ある程度の金銭を裁判所に納め、それを債権者に分配することで免責が認められるケースもあります。また、破産申立書自体にギャンブルのことを一切記入しない場合もあります(借入金の使途はあくまで本人の申し出であり、事実を調べられることはありません)。また、債務整理のひとつである『任意整理』は、今後に返済と利息についてを債権者と話し合うものであるため、ギャンブルに関係なく行うことができます(借金の理由を問われることはありません)。過払い金請求についても同様です。このように、たとえギャンブルで作ってしまった借金であっても、債務整理ができるケースはあるのです。
債務整理@無料で借金問題が相談できる全国の相談所NAVI

Comments are closed.