ラブグラは溶かして飲ませても意味がない

ラブグラは女性用のバイアグラですが、
その有効成分は男性用のバイアグラと同等です。

全成分が同じか?と言うと、そもそも錠剤の色がラブグラはピンク色なので違いますが、
医薬品としての有効成分が同じなので効果や副作用は同じと言えるでしょう。

そんな女性用バイアグラのラブグラを女性が飲むと
血流がよくなって感じやすくなると言われていますが、
さすがに女性側に内緒にしてお酒などに溶かして飲ませるのはおすすめできません。

もちろん、倫理的に良くないといった意味もあるのですがそもそもバイアグラは
食事や飲酒などに影響を受けやすい弱い薬になります。
なので例えばお酒に溶かしてラブグラを飲ませたとしても効果が出ない可能性があります。
また、バイアグラはED治療薬の中でも副作用が強い薬になるのでお酒などに混ぜると
気分が悪くなったりして性行為どころではなくなるケースもあります。

なのでラブグラを何かに溶かして飲ませるのはおすすめできません。
普通に、性行為の2時間前などに錠剤のままお水で飲むのがいいでしょう。
つまり、ラブグラをデートレイプドラッグのような媚薬として飲ませるのは
あまり意味のない行為と言えるでしょう。

関連:ラブグラの通販最安値

Comments are closed.